オンラインストア: フォニックスカード_レベル1(大文字のみ)

『フォニックスカード レベル1(大文字)』

Screen Shot 2016-04-27 at 5.32.47 PM

フォニックスのカードは沢山出回っていますが、これは私たちの勉強と経験に基づいて作った自信作です。

詳細:

PDFダウンロードバージョン(厚めの紙に印刷したり、印刷したものをラミネートして長くご利用ください。)

全52枚(26アルファベット分-両面)

特徴:

  • このカードは、フォニックスカード_レベル1(小文字と大文字)の『大文字のみ』のバージョンです。子供はとても敏感なので、大文字と小文字の両方の記載のあるカードでフォニックスを練習すると、「大文字が文字のお名前で、小文字が文字の音!」みたいに変な理解をしてしまうこともあります。それに、大文字と小文字それぞれを練習することもとても大事。その際に、この大文字だけのカードをご利用ください。小文字のカードも購入し、大文字と小文字のマッチングケームなんかをしてもいいですね。
  • このレベル1のカードでは、母音は短音、ソフトとハード音があるものはハード音を使用(別レベルで、母音の長音とソフト音に焦点をおきます。)
  • 母音と子音の色分け
  • 子供達が正しい文字のバランスを覚えるためのライン
  • 裏に絵とその名前
  • 裏に追加でターゲット音を含む単語を3つ(合計5つの単語があるので、「これらの単語、どんな音で始まった?」と子供達と練習するときに役立ちます。特に先生方にはオススメ!)
  • ターゲット音に忠実(appleとaboutは同じ “a”で始まるのですが、この2つの”a”の音は微妙に違うのです。このような知識も、カード作りに活かし、正確な音の指導ができるよう単語選びも工夫しました。)

著作権に関する同意:

*購入頂いたPDFファイルを、お友達や生徒さんとシェアすることは違法です。購入にあたり、同意をお願いします。

**ランキングの上の方に入っていると、「みんな読んでくれてるんだ~。また書かなきゃ!」と励まされます。是非下のバーナーを押して帰って下さい。**

にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村

オンラインストア: フォニックスカード_レベル1(大文字&小文字)

『フォニックスカード レベル1』

Screen Shot 2016-04-08 at 3.47.37 PM

フォニックスのカードは沢山出回っていますが、これは私たちの勉強と経験に基づいて作った自信作です。

詳細:

PDFダウンロードバージョン(厚めの紙に印刷したり、印刷したものをラミネートして長くご利用ください。)

全52枚(26アルファベット分-両面)

特徴:

  • このレベル1のカードでは、母音は短音、ソフトとハード音があるものはハード音を使用(別レベルで、母音の長音とソフト音に焦点をおきます。)
  • 母音と子音の色分け
  • 子供達が正しい文字のバランスを覚えるためのライン
  • 小文字と大文字(小文字のみ、大文字のみもあります)
  • 裏に絵とその名前
  • 裏に追加でターゲット音を含む単語を3つ(合計5つの単語があるので、「これらの単語、どんな音で始まった?」と子供達と練習するときに役立ちます。特に先生方にはオススメ!)
  • ターゲット音に忠実(appleとaboutは同じ “a”で始まるのですが、この2つの”a”の音は微妙に違うのです。このような知識も、カード作りに活かし、正確な音の指導ができるよう単語選びも工夫しました。)

著作権に関する同意:

*購入頂いたPDFファイルを、お友達や生徒さんとシェアすることは違法です。購入にあたり、同意をお願いします。

**ランキングの上の方に入っていると、「みんな読んでくれてるんだ~。また書かなきゃ!」と励まされます。是非下のバーナーを押して帰って下さい。**

にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村

オンラインストアで質の高い教材をシェアします

これまでの英語指導や研究活動、私たちの専門的な知識を生かし、英語教室やご家庭でご利用頂ける私たち独自の教材をみなさんにもシャアすることにしました。全て私たちの自信作で、英語を指導するために専門的な分野から、細かい配慮を取りれています。その工夫はそれぞれの商品の[詳細]をクリックすると確認頂けます。きっと納得頂けるはずです。

購入頂いた商品はPDFでお届けし、各お教室、ご家庭で印刷して頂くことになります。アイテム数も少しずつ増やせるよう頑張りますね。

Screen Shot 2016-04-02 at 1.04.31 AM

**ランキングの上の方に入っていると、「みんな読んでくれてるんだ~。また書かなきゃ!」と励まされます。是非下のバーナーを押して帰って下さい。**

にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村