Creativity(創造力)を育てる

久々にお友達教授のピンチヒッターで、Creativity in Marketingというコースの講義をしてきました。私のお気に入りのコースの一つです。マーケティングの成功には、ターゲットの顧客を魅了する創造力が必要。しかし、生まれながらにして、いつでもどんな時でも“キラッ★”とユニークなアイディアを思いつく力がある人って、そんなにいないはずです。『私創造力無いんですよね。』と思っている方、諦めないでくださいね。この創造力って、伸ばすことができるんですよ。私が担当したコースでは、創造力を伸ばすためのいろいろな方法を紹介、実践しています。とっても興味深いコースです。

私は、Picture Tricklerという方法を生徒たちに紹介しました。簡単にいうと、自分が悩んでいる問題、解決しなければならない問題とまったく関係のない写真を見ます。そして、写真を見て思うこと、感じることを書き留めます。その後、書き留めた内容ともともとの問題を関連付けて行くのです。すると、今まで思いもしなかった解決策が思い浮かんだりするわけです。

言語習得には創造力が必須だといつも感じますが、言語習得のプロセスのなかで、創造力を伸ばす訓練もしているなと思います。日本語と英語という全く異なる言語や文化を比べたり、知っている単語や文法だけを使って何か抽象的なものを説明したり。英語でものを考えられるようになるということは、英語という言語が存在する環境を理解しているということ。そこから生まれる新しいアイディアは、日本語を話している時とはやはり違ったものだと思います。

英語を学ぶって、とても広くて深くて、凄いことなんだとあらためて感じますね。

ここニューヨークにも、やっと春の訪れを感じます。大学内もとっても奇麗。

_MG_3524

Photo taken by Stephan M.

Photo taken by Stephan M.

Photo taken by Stephan M.

この真ん中に映っている彼女、そして写真をとってくれた彼は私たちの親友。彼女は言語学(専門:音韻学)の世界で近い将来必ず大物になる人物です!今でも世界各地で開かれる学会で発表しています。彼女のことも、またいつかブログで紹介しなくては。

ミキハウス子育て総研の子育て応援サイトHappy-Note.comに、英語教育に関する記事を記載中です。記事へは下のバーナーから:
Screen shot 2012-12-17 at 9.34.21 AM

**いつも読んで下さり、ありがとうございます(^^)。ブログランキングに参加してるので、ポッチと押して帰ってくれると嬉しいです。**

にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村

広告

Creativity(創造力)を育てる」への2件のフィードバック

  1. 今回の内容は深いなぁーと思いました。
    子供たちと一緒に勉強していると、日本語もまだまだな彼女達にどうやっって簡単に説明すると、そのことについてわかりやすいかな?と考えながらやってます。
    私も創造力をフルに使って頑張らなければ(^^)
    写真はとても素敵ですね。
    春が訪れているようだけど、まだ服装からは寒そう(≧∇≦)今日の長崎は半袖でもいいかも?というぐらい暖かいけど、夜と朝はまだまだ寒いです(>人<;)
    長崎へ帰ってくるのを子供たちも楽しみにしています

    いいね

    • >Anonymousさん
      そうですね。パパやママも創造力豊かになりますね。英語を習得する力って、人の本当に根っこの部分の力なんですよね。『英語』という表面的なものだけではなくて。もうすぐ会えるのを楽しみにしています。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中