手作りフラッシュカード

せっせかせっせかとレッスンで使うフラッシュカードを手作りしてきたのですが、、、、あっ、もうこんなにたまってる。子どもたちは吸収が早いから単語もすぐ覚えてしまい、教材を作っている私の方が大変です。

アメリカの玩具屋さんや本屋さんに行くと、子ども用のフラッシュカードが沢山並べてあります。英語、算数、理科、社会など、色々な分野のものがいっぱい。だけど、私たちが本当に欲しいと思うのものはなかなか無いんです。赤ちゃんの頃からネイティブの子が聞いて覚えるような、普段の会話に必ず使うような言葉や表現を教えるためのカードなんて置いてないのが当たり前と言えば当たり前なのですが。やっぱり、英語が母国語であるアメリカ人の子どもたちと、ESL(英語を第二言語として学ぶ)の日本の子どもたちに必要なサポートは違うんですよね。

ということで、手作りが一番!ボックスももう一ついるかな。

 

広告

手作りフラッシュカード」への2件のフィードバック

  1. いつも楽しい教材をありがとうございます。この前は恐竜のカードから鳴き声が聞こえてすごく喜んでいました。本当に色々と工夫していただいてレッスンもあっという間という感じで子どもたちも楽しんでいます。ありがとうございます。

    いいね

    • 子どもって、同じことを勉強して退屈そうにしていても、いつもと違うカードを使ってあげるだけでまた興味を示したり、集中力を取り戻したりしますよね(笑)。歌を聴かせたり、書かせたり、本を読んだり、カードで暗記させたり、色んなところから攻めたいと思います!

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中